So-net無料ブログ作成

雨中に3351を求める [野鳥]

 昨日はサービスの悪い4451の前に撃沈。今日も雨模様で気分が萎える。
それでも意を決して地元の川で3351を狙う。

ポイント到着時
いきなり飛翔している個体が・・・
20190609ササゴイ1.JPG

遠くへ飛び去ったように思うが
こういう場合目撃した地点で待つのが効率の良いやり方
このセオリーを無視して探し回るのがオイラの悪い癖
案の定、上流まで歩いたが見付けられず元の場所へ
やっぱり居た!
20190609ササゴイ2.JPG

ササゴイの狩場は
河川の中流
早瀬で斜面になっているような場所で魚を狙う
だから流れの緩い地点では見掛けることが少ない
20190609ササゴイ23.JPG

この綺麗な笹の葉模様は涼感を誘う(と言っても今日はヒンヤリ天気だったが)
20190609ササゴイ4.JPG
20190609ササゴイ18-001.JPG

身震いして総毛立つ
20190609ササゴイ27.JPG

観察条件にも依るが
足は若干赤みを帯びて来ているので繁殖羽の初期段階と言えようか
20190609ササゴイ16.JPG

このところの雨のお蔭で水量が増して
ようやくこの子の動きも活発化して来た
20190609ササゴイ30.JPG

しっかり視認できなかったがもう1個体居るようだ
積極的に巣の探索などする気にはならない性分だが
3351の営巣には興味をそそられるものが有るので
次回は探索してみようか等と思う
20190609ササゴイ10.JPG

此方は何時ものゴイサギ
20190609ゴイサギ2.JPG

セグロセキレイの幼鳥
20190609セグロセキレイ1.JPG
20190609セグロセキレイ3.JPG

番外は
我が町の駅近くの人気者・・・ツバメの雛たち
人間の威を借りる事大のツバメだが
日中人並みの途切れる事も無い
これほど人の往来の多い場所では流石に珍しい
ちゃんと糞受けもセットされ
「ご迷惑を掛けております」的な文言の貼り紙も有ったりして・・・良いなあ~
20190606ツバメ1.JPG
nice!(13)  コメント(8) 

nice! 13

コメント 8

queso

近所の民家やコンビニ、駅で燕が雛に餌を運ぶ姿を見掛けます。
ササゴイやゴイサギは確かに涼し気ですね。
雨天で人は鳥見を控えがちですが、鳥達は元気に活動しているようですね。
セグロセキレイの幼鳥はハクセキレイとはやはり異なりますね。
by queso (2019-06-10 08:18) 

takapy77

こちらには、3351や4451は、なかなか見られないです。
この時期、どうしても里山に行ってしまうので、探してないが
本音ですけど。
その代わり、載せられない51は毎年来ているようです。
住宅街のツバメも、なんか減っている感じで、少し寂しいです。

by takapy77 (2019-06-10 20:33) 

ramblin

quesoさん、こうして順調に育っているツバメのの
雛を見ると心和みます。たまに巣立ち前に死んでしまう
雛も有って辛い時も有りますけど・・・
 ササゴイの餌場は流れの急なところが多いので
涼しさを感じる度合いが大きいかもしれません。
 セグロセキレイはハクセキレイほど生息環境に柔軟性が
無く水辺に偏るのでハクセキレイの方でセグロセキレイ
に近付いてくれたりすると都合よく両者の幼鳥の比較
画像が得られと思うのですが・・・・・
by ramblin (2019-06-10 20:51) 

ramblin

takapy77さん、私の場合観察対象が水鳥に重きを
置く傾向が有るのでこの時期は3351や4451を先ず
押さえたいと言う気持ちが生じます。
 今気になっているツバメがいます。2日間でアッと言う
間に造巣を終えてその後抱卵しているような体勢で
2週間以上経ちますが一向に雛が孵る様子も無く活動
自体も不活発です。この巣は単なるお休み処なのかと
やや不安に思います。
by ramblin (2019-06-10 21:14) 

まっちゃん

MFツバメは減少気味でコシアカツバメが増加気味。
ヒメアマツバメは多い時で3、4羽見られたとの事。
だんだん温暖化の影響が出てきているんでしょうかね。
でも、巣をかけるのを許す家も減ってきているので、今後はどうなっていくのか心配です。

by まっちゃん (2019-06-12 15:24) 

美美

和菓子屋の店先のツバメは巣立ったようで
雛たちの姿が見られなくなりました。
でも2番手がやって来ることを期待しています。
by 美美 (2019-06-12 18:36) 

ramblin

まっちゃんさん、まっちゃんさんのMFはコシアカツバメを
間近に見られる貴重なポイントです。近ければ度々出掛けたく
なるでしょう。
 ヒメアマツバメは留鳥と言われますがその出現ポイント
を把握するのが難しいです。
 遥々南の国からやって来て必死に命を繋ごうとする
ツバメに宿を提供する・・・心の広さが有って欲しいです。
by ramblin (2019-06-12 20:39) 

ramblin

 美美さん、ツバメの2番子、期待したいですね。
余り時期的に遅くなると色々な意味で心配に
なりますが・・・・・。

by ramblin (2019-06-12 20:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。