So-net無料ブログ作成
詩のようなもの ブログトップ

分つ道 [詩のようなもの]

 先生が逝った。廻り回って一ヶ月以上も経て
私の耳に届いた。先生と言っても私がそう呼ん
でいるだけで教師でも医者でも弁護士でも無い
。何故先生なのかと言うと物言いが常に「上から
目線」だからなのだがその仕草や表情が柔らかく
また優しいので憎めない。
 或る時、先生が「君はシギチの中で何が一番好
きなの?」と訊いて来る。「そうですねやはりコアオ
(コアオアシシギ)でしょうか」と答えると「其れはイイ
ネ、僕も好きだよ」と言う。「先生はどうなのです?」と
問うと「イヤアー其れは秘密だな」なんて言う。そんな
ことに秘密も何も有るのかい・・・と呆れながらも先生
の屈託の無い笑顔を見るとほのぼのしてしまうのだっ
た。数年前先生と最後に会った干潟での事。目の前の
コチドリを見ながら何を思ったのか「コアジサシはイイ
ネエ」と言い出す。私は否定はしない。だって先生は
どこか記憶の中のコアジサシを見ているのだから。
でも少し意地悪して「何でイイのですか」とたずねると
「何だか分からないけどねえ・・・・」と無邪気に笑いな
がら言う。

「先生コアジサシですよ」
20130706コアジサシ1.JPG

「先生コチドリも居ました」
20130706コチドリ1.JPG

先生に捧ぐ
   
  「分つ道」  詩 by Bird Echo

 「遣る瀬無く     
 日々は移ろい
 褪せし夢に  
 痛み覚ゆ   

 ざわめきも  
 流転の中で  
 爆(は)ぜて無辺の
 空に去りぬ  

 何が故の  
 臆病気分   
 プイと横向く  
 運命呪い     
 赤や黄に    
 染め交じりたる  
 人の列に    
 コソリ隠れ   

 添いし道   
 また分かつ道  
 つくねんと立つ 
 朧なる道    

 誰や知り得(う)る  
 輪廻の手品(てづま)  
 何時かまたあの  
 分かれ道で    
 訊きそびれ   
 しこりのように  
 胸に潜む     
 言葉の続きを」

この詩には曲も付けて有るのだが
自分で作ったにもかかわらず自分で
上手く歌えないと言う情け無いことに
なっている   

矯(た)めつ眇(すが)めつ [詩のようなもの]

 一度この言葉を使ってみたかった。

「僕と君の間にチロ」(by Bird Echo)

僕と君の間に
チロが座り込む

僕は君を見る
君はチロを見る

チロは矯(た)めつ眇(すが)めつ
二人を眺めては
しまいにつまらなそうに
欠伸を一つ二つ

沈黙は金では無いね
饐えた味がする

仕方が無いので
僕もチロを見る

何となく右の頬が
痒くなりだして
擦るフリして
君をチラ見する

視線の先の
笑顔が眩しい

今日も何も起きない
それでイインダ

アシタも君が居て
チロも傍に来て
居心地がイイのか
悪いのか気にも留めず

20121008チロル1.JPG

20121006チロル2.JPG


巡礼峠 [詩のようなもの]

 地元なのだが「巡礼峠」にも久しく行っていない。
ヤマビルや猿の出現さえ無ければ手軽なハイキング
コースなのだが・・・・・。

   巡礼峠(by Bird Echo)

木漏れ日の中を峠の道辿れば                     
これ以上は無い柔和な瞳の
地蔵菩薩に足を停められ
「この先の道はチョット険しいよ」って

腰を屈めて靴紐を正す
視線の先に白く舞い踊る
懐かしく咲き出(い)ずるヤマホトトギス
この秋一番の贈り物かなって

巡礼の道は何処までも続く
大切な記憶や苦過ぎる思いに
はちきれそうになる ザックの中は
でもこの荷をおろせば余計に切ないし

挨拶を交わす みんな連れが居る
向かって来る人たちばかりで
狭ま過ぎる道を譲ってばかり
作り笑顔も次第に疲れ果て

昔この道で巡礼の親子が
命奪われ 落ち着かぬ魂
鎮めの光と優しい無音が
今歩む人たちまでも掌(たなごころ)に遊ばすって
ヤマホトトギス.jpg

ホワイトノイズ [詩のようなもの]

 「ミシシッピー・ジョン・ハート」や「高田渡」さんの
歌や生き方を聴きまた少し知るにつけ頑なな自分
の精神が侘しく厭になる。まるで「みみずのうた」
(渡さんの歌)みたいにね。そんな時に「LG-1」
のチープな音を聴くと妙にシックリ来る。

「ホワイトノイズ」( by Bird Echo)

庭のホワイトノイズ君にも聞こえるかな
行き違う想いの全て無数の毛玉となって
スパークすれば君も僕も押し黙る

君の姿が今しもブロンズみたいに固まり
その内に鳩が来て肩先に止まるかもね
黄金色に秋の日差し深まる中で

もう直ぐ帰りの時間だ収まりもつかず
ひとしきり口喧嘩のあと涙をペロリ
舌で掬うもなかなかによろしくて

庭のホワイトノイズ君にも聞こえるかな
機嫌を直して帰る君の後姿
ほろ苦に飲み下し僕は未だ庭に居る

LG-1.JPG
詩のようなもの ブログトップ