So-net無料ブログ作成

ノビ太と共に [野鳥]

 コヨシキリやホオアカは割と近くで鳴いてもくれるけどノビタキは
やや手強い。

風景写真的な画は好まないが遠いから仕方ない
20170702ノビタキ3.JPG

近いのは「D線上の」1回夏羽
20170702ノビタキ11-001.JPG

此れも遠い
20170702ノビタキ7.JPG

ややお疲れの感じが窺える雌
20170702ノビタキ23.JPG

「D線上の」幼鳥
20170702ノビタキ15.JPG

「要塞上の」幼鳥
20170702ノビタキ31.JPG

屈託無く遊ぶ
20170702ノビタキ29.JPG

オマケのアオバト
20170702アオバト2.JPG
nice!(16)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 10

korekore

ノビタキの夏羽、真っ黒の羽の色と喉の下の鮮やかな橙色。
遠出しなければ見れませんね。
幼鳥にも会えて、よかったですね.
今日は平地はとても暑かったですよ。


by korekore (2017-07-07 22:05) 

ramblin

korekoreさん、ノビタキもなかなか手強く思うようには
見られず風景的な画像が多くなってしまぃましたが
此れも此の地では一興です。
 下界では「暑い」の言葉しか出て来ませんね。
by ramblin (2017-07-08 04:51) 

まっちゃん

アオバトもMFあたりの海岸で塩水を飲んでくれればいいのに。
居ること居るみたいなので、一日中待っていれば来るのかも。
by まっちゃん (2017-07-08 15:13) 

takapy77

北海道のノビタキの秋の渡りは、本州を経由しないようで
直接ロシアに渡るようですね。そうすると秋に見られる
ノビタキは、このあたりの高原で繁殖した個体なんでしょうね。
そう言えば、ノビタキは山沿いの田園の方が、早い時期に見られ
海沿いは、少し時期が遅くなります。
アオバトは、海水を飲みに来るより、山で会えた方が嬉しいです。
by takapy77 (2017-07-08 16:59) 

queso

ノビタキの雌、確かにちょっとやつれているような・・・。
子育てでお疲れなのかもしれませんね。
今回奥日光でノビタキの幼鳥に出会うことが出来ました。
やはり幼鳥は愛らしいですね。
今日の猛暑は厳しいものがありましたね。明日は更に暑いとか。
鳥見も早朝か高地でないと暫くダメですね。
by queso (2017-07-08 19:28) 

ramblin

まっちゃんさん、アオバトは時々MFでも見られます。
たまには大磯へも行って見ることも有ります。今回は
大きなお山付近で見られました。するとこの個体は
何処から?等と想像を巡らします。
by ramblin (2017-07-08 20:15) 

ramblin

 takapy77さん、北海道のノビタキは距離的に見ても
お帰りの時期はかなり忙しないモノになるのでしょうね。
 この辺りで繁殖していたノビタキは秋にはtakapy77
サンのフィールドにも現れるのではないでしょうか?
 そうですね。私もMFの林で佇んでいるアオバトを
見るのが嬉しいです。
by ramblin (2017-07-08 20:54) 

ramblin

 quesoさん、やはりこの時期の雌は大変なのでしょう。
幼鳥は屈託なく思い切り遊んでいました。
 本日も近場を彷徨しましたが午後まで粘る気力は
有りませんでした。勿論暑さのせいで・・・。
by ramblin (2017-07-08 20:58) 

美美

ノビタキ、可愛いですね。
北海道で見たノビタキが忘れられません。
近所でも見られるはずなんですがここ数年出会いがありません。
by 美美 (2017-07-12 21:13) 

ramblin

 美美さん、勿論ノビタキは夏羽を観たいと思うのですが
冬羽となって地元の田圃に帰って来てくれるのも楽しみです。
美美さんのフィールドにも来てくれると良いですね。
by ramblin (2017-07-12 22:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0