So-net無料ブログ作成

サンちゃんは飛ばず [野鳥]

 サンちゃんと言ってもサンコウチョウでは無い。サンカノゴイは局所的に繁殖し、
しっかり見ることが難しい鳥だ。初見では無いが以前は証拠性に乏しい画像しか
残せていなかったので今回再挑戦した。

直ぐ近くで重低音のボーッボーッと唸りを上げているけれど深い葦原の中で姿は
見えない。多くのカメラマンは葦原とは反対の田圃側にレンズを向けている。
現地に到着して未だ心と機材の準備が整わない内に飛ばれてしまった。多分
此れが唯一のチャンスだったのだろう・・・・その後午後1時まで粘ったが
とうとう飛ばなかった。キビシイ。
時々首を伸ばして辺りを覗うも動きに乏しい。
20170610サンカノゴイ7.JPG

感覚的には爬虫類のようでもゲラのようでもある
20170610サンカノゴイ12.JPG

やはり飛んでくれないと全身が見えないので口惜しい限り
先の個体より更に遠い別個体ウーン~
20170610サンカノゴイ1.JPG

皆さんサンちゃんを気にしながらも
数多く飛び回るヨシゴイでお茶を濁す

20170610ヨシゴイ14.JPG

温度が高く大気がモヤっとしているせいなのか
葦原近くを飛ぶ個体にはピンが来ない

20170610ヨシゴイ4.JPG

ヨシゴイも飛ばない時にはこの子に遊んで貰う
20170610オオヨシキリ3.JPG

ア~アッ・・・また来なくちゃ
贅沢を言わしてもらえばオオヨシゴイも観たい
nice!(16)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 12

まっちゃん

サンカノゴイはどこで語が切れるんでしょうね、語彙が乏しい私にはわかりません。^^;

by まっちゃん (2017-06-11 09:21) 

ramblin

まっちゃんさん、「サンカノ」で切って「ゴイ」と続き
ます。名前の由来は「山家(やまが)のゴイサギ」要するに
田舎のゴイサギと言う意味だそうです。
by ramblin (2017-06-11 10:27) 

ナビパ

楽しみがまた増えたと思えば。。。
暑いのでしょうが風が気持ちよさそうに思えます。
by ナビパ (2017-06-11 11:25) 

ramblin

 ナビパさん、此れでも前回見た時よりは大分
マシなのです。一歩一歩段階を踏まないとしっかり
見る事の出来ない鳥みたいです。次は頑張ります。
 風が無ければ地獄です。
by ramblin (2017-06-11 16:47) 

queso

何と、偶然にも昨日は私も同じ場所に降りました。
そしてramblinさんが到着された頃に私もあの場に到着、此方に
飛んでくるサンカノゴイを撮影しました。
昨日は風はありましたが、日差しも強く暑かったですね・・・。
私は10時過ぎには退散しました。
オオヨシゴイというのは此方で初めて知りました。
彼の地でも観察された記録があるのですね。
あれだけ多くのヨシゴイがいるのですから、オオヨシゴイの飛来も
期待できそうな探鳥地ですね。
by queso (2017-06-11 17:32) 

ramblin

quesoさん、そうですかあ~ウラヤマシイ。。。
あのチャンスを逃しては厳しかったですう~。
またしても証拠以下の画像でクヤチイーです。
 オオヨシゴイは珍鳥ですからなかなか難しい
かと思いますが何時の日にか観られる時が来る
ように思います。
by ramblin (2017-06-11 18:48) 

korekore

サンカノゴイ、とは最近珍しいのでは・・・?
と、思いますがそうでもないのかな?
葦原から、少しだけ頭を出している姿、きれいではありますが、これでは満足できませんでしたね。
サンカノゴイって、いつもあまりキッチリとは姿をみせてくれませんね。
ヨシゴイでも、オス・メスの区別がちゃんとできるとはさすがです。

by korekore (2017-06-11 21:32) 

ramblin

korekoreさん、現地到着がやや遅れたのが響きました。
それにしてももう少し田圃と沼の間を行ったり来たりする
姿が想像されましたがサービスは無かったですね。
 ただ鳥の写真をUPして種名を記するだけのブロガー
にだけはなりたくないと思う処が有ります。
by ramblin (2017-06-11 21:51) 

takapy77

怪獣サンカノゴイ、見てみたいです。どうして此処にだけ居るので
しょうね。サンカノゴイは漂鳥ですよね。冬場は何処にいるのでしょう。
こちらでも、冬季に目撃例はあるようです。通過するだけなのか
越冬しているのか、知りたいですね。
by takapy77 (2017-06-11 22:03) 

ramblin

takapy77さん、サンカノゴイはこの辺りでは留鳥です。
此の地で繁殖も行われますがその冬期の動静が伺い知れない
程のスケールのフィールドとも言えます。
 takapy77さんのご近所辺りでは微妙に「渡り」として
来るのでしょうね。
by ramblin (2017-06-11 22:33) 

さとし

凄く緑が深いところにいるんですね。
足元に色々いそうで、怖くないんですかね。
by さとし (2017-06-12 19:42) 

ramblin

さとしさん、田圃なのでそれほど恐ろしいモノは
居ないと思います。
やはりもう少し全身が見たかったです。
by ramblin (2017-06-13 04:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0