So-net無料ブログ作成

南の島にて(小鳥篇1) [野鳥]

 この島では定番だけれど魅力的な小鳥たちが数多く居る。

ホオジロハクセキレイの個体数の多さには驚かされた
白っぽいセキレイは殆どホオジロハクセキレイだ
20170317ホオジロハクセキレイ1.JPG

此の地の野原も魅力的
ツメナガセキレイ
20170318ツメナガセキレイ3.JPG

マミジロツメナガセキレイ
長くて言い辛い名前
20170317マミジロツメナガセキレイ3.JPG

田圃にて
ムネアカタヒバリ
20170318ムネアカタヒバリ3.JPG

南国の雰囲気
シマアカモズ
20170317シマアカモズ4-001.JPG

色々取り沙汰されている不明モズ
20170317不明モズ4.JPG
nice!(18)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 10

まっちゃん

色々珍しいのが見られていいですね。
こちらじゃどんどん鳥が居なくなっているので、そのうち南や北に遠征しないと鳥見もしづらくなるんでしょうかね。
by まっちゃん (2017-03-29 16:40) 

ramblin

まっちゃんさん、私は無精者なので遠征など面倒な
事はしたく無かったのですが背中を押してくれる人が
いて行きました。鳥見の環境も良いので正直楽しかっ
たです。
by ramblin (2017-03-29 17:42) 

queso

最後の百舌・・・気になります。
やはり石垣は色々な鳥を観察できて楽しいですよね。
小鳥シリーズその2も愉しみです♪
by queso (2017-03-29 19:02) 

美美

南の島には色々な珍しい鳥が居るんですね。
私こそこのような遠征はできないので皆さんのところで拝見できて
嬉しい限りです。
欲を言えば、間違って当地にも何か珍しい鳥が来ないかと
願うばかりです(^_^;)


by 美美 (2017-03-29 19:03) 

takapy77

やはり、南の島には色々居ますね。この子達、みんな渡りをするので
途中で、寄ってくれると嬉しいのですけが、難しそうですね。

by takapy77 (2017-03-29 20:45) 

ramblin

quesoさん、この子の同定は難しいですね。雄成鳥でも
無いですし交雑の可能性も有ります。
 シリーズは回が深まると段々お粗末になる・・・
の鉄則が有りますから期待薄ですよ。。。
by ramblin (2017-03-29 21:22) 

ramblin

 美美さん、今回の鳥さんの中で関東で一番見られる
可能性が有るのはホオジロハクセキレイです。また
シマアカモズとムネアカタヒバリも最近見られて
います。
 様々な気象条件その他で迷行する鳥も有りますから
何が来ても不思議では有りません。
by ramblin (2017-03-29 21:31) 

ramblin

takapy77さん、この冬季も流石に関東では見られない
のでは?・・・と思っていた鳥さんが何種類か入りました。
迷行して越冬する鳥や渡りの時期にはぐれた珍鳥または
悪天候で退避して来たものなど少ないけど美味しい出会いも
たまには有るのでしっかりゲットしたいとは思います。
 しかしながら1回の遠征でライフリストをプラス21出来たのは
効率が良かったです。本当の楽しみはライファーには有らず
ですが・・・・
by ramblin (2017-03-29 21:44) 

korekore

ツメナガセキレイとマミジロツメナガセキレイ。
区別してみるのは、難しいですね。
ムネアカタヒバリは、この地では珍鳥には入らないのでしょうか?
たくさんの鳥さんに会えて、充実した遠征でしたね。


by korekore (2017-03-29 22:54) 

ramblin

korekoreさん、ツメナガセキレイとマミジロツメナガは
ほぼ眉斑だけの問題になってしまいます。
 珍鳥の尺度がどう捉えるかにも拠るのでしょうが
少なくとも此の地では目の色を変えるような存在では
無いでしょう。
by ramblin (2017-03-30 04:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0